ものづくりのブログ

うちのネコを題材にしたものづくりができたらいいなと思っていろいろ奮闘してます。

yahoo ads api を使ってみる

yahoo 広告の API は、検索広告とディスプレイ広告というものがあります。
今回は、この API の使い方をまとめてみました。

API リファレンス

ads-developers.yahoo.co.jp

トークン取得

以下を参考にトークン情報を取得します。
ads-developers.yahoo.co.jp

  • アクセストークン取得
https://biz-oauth.yahoo.co.jp/oauth/v1/token?grant_type=refresh_token
&client_id=CLIENT_ID
&client_secret=CLIENT_SECRET
&refresh_token=REFRESH_TOKEN

API 実行

ディスプレイ広告の getAudienceCategory という API を参考に実行してみる。
https://ads-developers.yahoo.co.jp/reference/ads-display-api/v6/DictionaryService/getAudienceCategory/

Request body 作成

req.json というファイルを作り Request body を入力します。

{
  "lang": "JA"
}

curl で API 実行

  • token.json 作成
$ curl -X GET "https://biz-oauth.yahoo.co.jp/oauth/v1/token?grant_type=refresh_token&client_id=CLIENT_ID&client_secret=CLIENT_SECRET&refresh_token=REFRESH_TOKEN > token.json
  • API 実行
curl -s -X POST "https://ads-display.yahooapis.jp/api/v6/DictionaryService/getAudienceCategory" -H "accept: application/json"  -H "Authorization: Bearer `jq -r .access_token ./token.json`" -H "Content-Type: application/json" -d '@req.json'|jq .