ものづくりのブログ

うちのネコを題材にしたものづくりができたらいいなと思っていろいろ奮闘してます。

curl の使い方(POSTする場合)

最近 curl で API の検証を行う機会が多いのだが、オプションがいまいちわかってないのでここにメモを残します。

-d オプション(--data "データ")

データをPOSTしたのと同じように送る。
このオプションを指定した場合は "Content-Type:application / x-www-form-urlencoded" のようなデフォルトのヘッダーが含まれる。

エンコード未済のデータを扱いたい場合

エンコード未済のデータを扱いたい場合は、”--data-urlencode" オプションを使用すればエンコードしてから POST してくれる。

json データを扱いたい場合

json形式のデータを渡したい場合は、以下のようにヘッダを追加する。

curl -d '{{json data}}' -H 'Content-Type: application/json' https://example.com

-F オプション(--form "名前=値")

指定した内容をフォームから入力したのと同じように送る。
このオプションを指定した場合は、Content-Type はデフォルトで「multipart/form-data」が指定される。