ものづくりのブログ

うちのネコを題材にしたものづくりができたらいいなと思っていろいろ奮闘してます。

PyInstallerを使ってみる

windows の作業端末に pythonスクリプトの配布を検討していたのですが、環境構築が手間なので PyInstaller を使ってWindows用の exeファイルを配布することを検討してみました。
今回は、pythonスクリプトを実行ファイルに変換する作成手順をここにまとめてみたいと思います。

pyinstaller とは

PyInstaller は Python アプリと依存するライブラリなどのファイルを一つのパッケージにまとめるコマンドです。pythonの環境構築やモジュールのインストールを行わずにパッケージ化されたアプリを配布することができます。

実行ファイル作成手順

PyInstallerインストール

pip で pyinstaller をインストールします。

$ pip install pyinstaller

exeファイルへの変換

$ pyinstaller sample.py

実行結果

exeファイル化に成功すると、以下のメッセージと作業フォルダが生成されます。

16343 INFO: Building COLLECT COLLECT-00.toc completed successfully.

作業フォルダ

  • pycache
  • build
  • dist
  • Test.spec

distフォルダ内にある「sample.exe」ファイルを実行するとスクリプトが動きます。

オプション
  • --onefile

onefileオプションを付けると、ファイルを1つにまとめて実行ファイルを生成します。

$ pyinstaller sample.py --onefile
  • --noconsole

noconsoleオプションを付けると、コンソールの表示がなくなります。

$ pyinstaller sample.py --noconsole