ものづくりのブログ

うちのネコを題材にしたものづくりができたらいいなと思っていろいろ奮闘してます。

TPUが使ってみたくてGoogle Colaboratoryを使ってみる

Google ColaboratoryでTPUというものが使えるらしいので、使ってみました。

TPUとは

テンソル・プロセッシング・ユニット(Tensor processing unit、TPU)はGoogleが開発した機械学習に特化した特定用途向け集積回路(ASIC)です。
ja.wikipedia.org

Google Colaboratoryとは

Google Colaboratoryは教育や研究機関へ機械学習の普及を目的としたGoogleの研究プロジェクトの一つでです。

使い方

Google Colaboratoryを始めるには、以下のサイトにアクセスして、Googleアカウントでログインするだけです。
colab.research.google.com

ログインすると以下のような画面が表示されます。
f:id:a1026302:20210127083228j:plain

Google ColabでTPUを使ってみる

ノートブックのメニューバーから「編集」>「ノートブックの設定」をクリックします。
f:id:a1026302:20210127083924j:plain
次にTPUを選択します。
f:id:a1026302:20210127084530j:plain
TPUが設定できたかどうか確認するには以下のコードを実行します。

import tensorflow as tf
try:
  tpu = tf.distribute.cluster_resolver.TPUClusterResolver()  # TPU detection
  print('Running on TPU ', tpu.cluster_spec().as_dict()['worker'])
except ValueError:
  raise BaseException('ERROR: Not connected to a TPU runtime; please see the previous cell in this notebook for instructions!')

tf.config.experimental_connect_to_cluster(tpu)
tf.tpu.experimental.initialize_tpu_system(tpu)
tpu_strategy = tf.distribute.TPUStrategy(tpu) 

f:id:a1026302:20210127090511j:plain

ちなみにGPUの場合

from tensorflow.python.client import device_lib
device_lib.list_local_devices()

f:id:a1026302:20210127085324j:plain